治療へのスタンスと施術理念と施術方法

さいの整骨院の「治療」へのスタンス

「痛みはチャンス」と捉え、前よりも動く体づくりのお手伝いをしています。

当院には、痛みをもって来院される方が多くいらっしゃいます。
「痛み」は辛いものですよね。
すぐにでもなくなって欲しいと感じます。

痛みを取り除きたい気持ちは、自分の経験からもとてもよく分かります。
そして、痛みをとったはずなのに、また痛みをなぜか繰り返してしまう。

痛みをとり、そして再び繰り返さないようにするにはどうすればよいのか?
これを考え続けているうちに気付いたことがあります。

正常な体から、何らかのクセが、偏りをつくり、「痛み」となる。
当たり前ですが、「痛み」は突然出るものではなく、必ず原因があります。

痛みは嫌なもの、自分にとっては必要のない邪悪なものととらえると、痛みで自分のしたいことを出来なくさせている諸悪の根源と考えてしまいます。そうなると「痛みのせい」で 自分はダメになったという気持ちに心が弱っていきます。「痛み=悪い」と思い込み、「痛み」と「自分」を切り離して考えてしまうことが、結局、痛みを繰り返してしまうことになることに気づきました。

実は、痛みの本当の役割は、体におこった異常をお知らせするサインなのです。
痛みは、自分のために起こっていると考えてみてほしい。

施術で本来の位置に体を戻すと同時に、そのサインを利用して、今の自分の体におこっていることを正しく理解し、その根本的原因に気付き、自分と向き合っていく。そうすることで痛みを繰り返さず、負のループから抜け出すことができる。
そう確信をしています。

「この痛みが私に何を教えようとしているのだろう?」という発想を持つだけでも、自分の体は「わかってくれてるんだね。」と好転する反応をしてくれます。痛みが出たことをチャンスととらえて、自分と向き合うことで自分の可能性に気付くことができるのです。

「痛みはチャンス!」です。
その痛みが、「何のサインなのか?」
そのサインを「どうとらえ改善していくのか?」
そのことを一緒に考え、痛みを繰り返さない体へ、
そして「好きなことややりたいことを生涯続けられる体」へ!

でき得れば、あなたの体を誰よりも、そしてあなた以上に理解し、
いつでもどんな時でも安心して相談していただける
そんなあなたの人生の「体の専属トレーナー」としてサポートしていきたい!

それが、私たちの想いであり、決意です。

施術への理念

rinen
inchoこれが当院の施術の根本的な考え方です。

生き物のカラダで最も大切なのは、胴体です。
仮に手や足が無くなっても
生命を維持することは可能ですが
胴体が無くなると、生きることはできません。

その胴体を生かすために
足は、胴体を安全な場所へ移動する為に動き
腕は、食物を口に運ぶ為の役割を担っています。
言うなれば、胴体が主役であり、
手脚は胴体をサポートする脇役であるべきなのです。

しかし、人間は、社会で暮らしている間に カラダが
この本来の役割を忘れてしまうことが多々あります。

パソコンを使う為にマウスを動かす手が主になったり、
モニターを見つめる眼が主になったり、
車を運転する為に足が主になったり…

それらを主にしてバランスを取りはじめると
微妙なねじれや歪みが生じてきます。

jenga例えるなら、ジェンガ。
ねじれたジェンガは、軸がぶれ、不安定になり、
所々負荷の掛かったピースが発生します。

この負荷の掛かったピースが痛みが現れる箇所になる訳です。

なので当院では、
このピースに対しての施術ではなく、
軸のぶれを診ながら、
ジェンガのねじれを正していく。
そんなイメージの施術を心がけています。

また、バランスの崩れは、自身の日頃の姿勢や習慣が大きいので
胴体が主役になるよう
腹圧を高めて、体幹を安定させること。
また、手脚を脇役として動く為の
トレーニング方法を指導させていただいております。
ケガや不調の大半は、胴体と手脚の主従関係が逆転した事からできた偏りが体の許容範囲を越えてしまった時におこります。

〝ケガをチャンスに前より動く体作りをお手伝いする〟

それが、さいの整骨院の想いであり治療理念であります。

施術方法

BCトータルバランスシステムは、治療家、教師、運動の指導者、スポーツトレーナーなどの集団である
「キネティックフォーラム」の代表である矢田修一先生が30年来のデータの集積により確立した治療法です。

nagare00キネティックフォーラムの独自開発機器
「キネティックラボセンサー」(写真)により
身体の歪み・動きの癖を施術の前に測定します。

人の主観が入らず、客観的な体の情報が入り、
問診と合わせて、科学的に身体の状態を判断し
施術して行ける事で早期回復が可能となります。

nagare05

1.治療方針の説明

初回の方に関しましては、症状をお聞きしてから、
これからどのような治療を始めるのか?
事前にこれから行う治療についてのご説明をさせていただきます。

yaji
nagare01

2.キネティックラボセンサー

頚・手首・脇・膝・足首の左右10カ所に
キネティックラボセンサーのステックを当て測定します。

※女性の方は、タンクトップを着ていると検査がスムーズです。
※着替えのスウェットズボンもご用意しています。
※毎日身体は、変化しています。症状は同じでも正確な身体の状態を把握するため、施術前には検査を行います。

yaji
nagare02

3.ガンマリノレン酸含有クリーム塗布

測定結果をもとにストレスのかかっている場所に
炎症を抑えるクリームを塗り、筋肉の緊張を緩めます。
yaji
nagare03

4.バランス施術

体の歪み、偏り、動きの癖を極めて刺激の少ない手技で
改善へと導きます。
BCトータルバランスシステムの手技は、身体の表面のみならず、
中に存在する「内力」にもアプローチしていくので、
早期根本改善が望めます。
yaji
nagare04

5.エクササイズ指導

動き方、養生法、トレーニングなど、自然の法則に
のっとった最適な方法をその都度伝えるようにしています。
自己調整目的、競技能力向上など、
目的にあったエクササイズの指導も行っています。


PAGE TOP