動作分析をもとにした施術(BC Total Balance System)

動きのクセをセンサーで客観的に分析

動作分析機器により自覚している動きのクセはもちろん、自覚していない動きのクセも客観的に分析し痛みの本当の原因を探し出します。


↑キネティックラボセンサー(伍六七みろく)による現状把握から身体解析を行い症状の原因を究明

原因となった動作を知ることで、その人の個性を活かしながら痛みのない自然な動きに近づけることが可能になります


↑あなたの動作のクセを競技別に3Dイラストでご覧になれます

【キネテッィクラボセンサーから解る情報】

●競技動作のクセ・日常動作のクセ・身体の偏り
●身体に合った養生法
●今の身体にあったエクササイズ
●今意識を向ける心の状態

優しくソフトで深層に届く施術

局所を揉んだり、ボキボキしたりといった痛みの伴う方法では、外からの刺激が強すぎ、身体に抵抗がうまれてしまいます。その抵抗により体の表面が固まってしまうと横隔膜をはじめとする深層筋が正しく働きません。深層筋が正しく働くように、外側からの刺激は必要最低限の力のかけ方で施術を行っています。

足から整える

人は二本足で立ち生活しています。足はどんな些細なバランスの崩れの影響も受けています。
足から整える事で土台を安定させバランスが崩れにくい状態にしていきます。

患部だけでなく全身を整える

痛みのある所と本当の原因は違うことがほとんどです。体に使いすぎている所があれば必ず使えていない所も存在し、それで体はバランスを取ろうとしています。そのまま生活を続けていくと負担の大きくなった所に痛みを感じるようになります。
体全体のバランスを整える事で局所的な痛みはもちろん、原因となった体の使い方の偏りも改善し繰り返しにくい状態に整えることが可能になります。

痛みはバランスの崩れのサイン

痛みを感じると、「嫌なもの、不快なもの」だと感じ、そこに人は向き合わざるを得なくなります。それは体におこった異常をお知らせする大切な「サイン」だからなのです。
「この痛みは、私に何を教えようとしているのだろう。」
そのサインを「どうとらえ改善していくのか?」
そのことを一緒に考え、痛みを繰り返さない体へしていきましょう。
ご相談は電話・LINEでも受け付けております。
どうぞお気軽にご相談下さい。


関連記事

  1. 当院の新型コロナウイルス感染症対策について

  2. 出張エクササイズ指導

  3. 出張施術

  4. アスリートサポート

  5. パーソナルエクササイズ指導 (アスリート編)

  6. 【LEC体験談】野村崇さま「本心を言えば、拡がってほしくない…

This error message is only visible to WordPress admins

Error: API requests are being delayed for this account. New posts will not be retrieved.

Log in as an administrator and view the Instagram Feed settings page for more details.

PAGE TOP