シンスプリント

シンスクリプト

 

スネの内側の痛み・シンスプリントでお困りの方へ

 

○すね(ふくらはぎ)の内側が痛く、内側の骨を押すと、激痛がする。

○すねの骨の内側を触ると骨がボコボコしている。

○ジャンプしたり、走ったりするとすねの内側が痛む。

○激しい痛みではないがズーンと鈍く響くような痛みがある。

○運動をし始めると痛くなり、体が温まってきたら痛みが和らぎ、運動が終わるとまた痛む。

○ひどくなると何もしなくても痛く、動くとさらに痛みが強くなる。体が温まっても痛みが和らがなくなる。

 

シンスクリプト

 

上記のようなスネの痛みで悩まれている方が、当院へいらっしゃいます。

 

 

さいの整骨院ではこんな治療をします。

 

当院が考えるスネの痛み(シンスプリント)の原因や施術について書きていきますので、ぜひ参考にしていただきたいと思います。

 

 

【シンスプリントの症状とは】

 

 徐々に発生する圧痛や腫れ、運動時の痛みがスネの内側に出る症状のことです。骨に沿って脛の内側面を触れていくと痛みがあり、体感として、骨そのものの痛みに感じることが多いです。

 

 

【症状の程度】

1:痛みはあるが体が温まると消失する

 

2:運動前のアップにより痛みは消失するが、運動終了近くになると痛み出す

 

3:日常活動に支障はないが運動中、常に痛い

 

4:スネの痛みは常にあって、日常生活にも支障がある

 

 

【一般的に病院や整骨院で言われている原因】

 

病態は下腿内側筋群(ヒラメ筋・後脛骨筋・長趾屈筋付着部)の疲労による柔軟性低下が脛骨の表面を覆う骨膜を引っ張り、骨膜の炎症を引き起こしたものと考えられます。簡単に言うとすねの内側の筋肉が硬くなってゆるまなくなっているからです。

 

 

○走り込みや、繰り返しのジャンプを過度に行った場合などのオーバーユース。

 

○下肢の筋肉や関節の柔軟性低下。

 

○悪いランニングフォームや、フォームの変更による負荷。

 

○硬い路面を底の薄く硬いシューズで運動やトレーニング。

 

○下肢の形態異常(O脚、回内足、扁平足など)

 

 

 

【一般的に行なわれる治療法】

 

○安静

運動を休めば痛みは引きますが、運動再開後に再発することが多いです。

○アイシング

炎症を起こしたての頃は「痛みを落ち着かせる」という意味では有効です。しかし症状が長引いてくるとアイシングすること自体が、さらに症状を長引かせる原因にもなります。これは元々硬くなって緩めれなくなった筋肉が、アイシングで冷やされ、さらに硬くなり血行が悪くなってしまうためです。アイシングはあくまでも応急処置と心えてください。闇雲に冷やすのはおすすめしません。

○ストレッチやマッサージで患部周囲の筋肉をほぐす。

この処置だけで改善するものもありますが、長引くものや、極端に痛みの強いものは本当の原因が改善されていません。

○テーピングやインソール

軽度のものはこの処置だけで改善します。しかし長引くものや、極端に痛みの強いものは本当の原因が改善されていません。特にテーピングで足首を固定してしまうのは脚全体の連動性を邪魔するので注意が必要です。

【当院が考える原因】

 

上記した要因で下腿内側筋群が疲労し硬くなったため、脛骨骨膜を筋肉が引っ張り、骨膜の炎症を引き起こしたものが患部の状態です。

※要因とは【一般的に病院や整骨院で言われている原因】に上記したことです。

 

 

では・・・

 

 

●様々な要因はありますが、では、なぜその筋肉は硬くなったまま戻らないのでしょうか?

 

それは「症状が強い、繰り返す、期間が長い」方はスネの部分に負担のかかる動き方をされています。スネが痛くなるような動きの癖があるということです。

 

 

体幹の真下に脚が来る立ち方が、いわゆる真っすぐ立った状態。

 

 

シンスプリントになる方は姿勢が崩れて、重心の位置が悪くなっているので、脚に余計な力を入れて頑張って立たなければならなくなっています。特に症状が長引く・繰り返す方はこの傾向が強いです。重心の位置が悪いとスムーズな重心移動が出来ず、体幹の運びが悪なります。

 

 

そうすると頑張って脚を使うような走り方になり、脚に負担をかけながら走る事になります。特に膝から下をひねりながら後方へ「蹴る」動きが強い傾向にあります。

 

 

具体的には体幹が真っすぐ、自然に伸ばせなくなっていてそれに合わせた脚の使い方になっています。そのために股関節、膝関節、足関節のかみ合わせが悪くなり、特にスネの2本の骨が捻じれた状態になっています。この様な不自然な身体の使い方をし続けた結果がスネの負担となり発症したと考えます。

 

 

そして痛みの出る場所によって、直接的な原因になっている場所が違います。それはすねの骨上1/3に痛みが出ている時は股関節に硬さがあり、すねの骨下1/3に痛みが出る時は足首周りに硬さが出ています。
ですから、痛みの場所に応じて緩める・動きを改善させる関節のポイントを変えればシンスプリントの症状は軽減します。
 

シンスクリプト

 

【当院が行う整体治療】

 

バランス測定器でバランスを測り、全身のバランスの崩れ方・使い方の癖などを考慮に入れ、まっすぐに立てるように整えていきます。整えるのはかみ合わせが悪くなり、捻じれた脚(足首、膝、股関節)だけでなく、骨盤・肋骨・背骨・首・腕(手首・肘・肩関節)など全身を整えていきます。

 

 

「からまった紐をほどいてもらっているようだ」と言われるような施術方法なので、
揉んだり、ボキボキしたりは一切行わない整体です。

 

 

初めての方や、どなたさまでも安心して施術をうけることができます。


関連記事

  1. 肩の痛み・インピンジメント症候群でお困りの方へ

  2. モートン病

  3. テニス肘・外側上顆炎でお困りの方へ

    テニス肘・外側上顆炎でお困りの方へ

  4. 腰椎分離症

  5. 足底腱(筋)膜炎

  6. ランナー膝

This error message is only visible to WordPress admins

Error: API requests are being delayed for this account. New posts will not be retrieved.

Log in as an administrator and view the Instagram Feed settings page for more details.

PAGE TOP